平成28年9月26日(月)

 

長谷川豊公式ブログ「本気論 本音論」の 9月19日記事について

 

社団法人「医信」
代表理事 ほか 同社団法人 理事一同

 

当社団法人の理事である、長谷川豊が公式ブログ「本気論 本音論」上で、9月19日に投稿致しました、記事「医者の言うことを何年も無視し続けて自業自得で人工透析になった患者の費用まで全額国負担でなければいけないのか?今のシステムは日本を滅ぼすだけだ!!」
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/48479701.html
に付きまして当社団の見解を説明致します。

 

該当記事自体の投稿に関しては、長谷川自身が義憤に駆られ、独自の取材と倫理的判断に基づき行ったものであり、当社団の公式見解ではありません。
既に長谷川は該当記事が過激な演出的表現であり、誤解を招く表現であったことを認め、謝罪した上で、記事のタイトルを変更し、記事内容にも一部改変を加えております。

 

それを踏まえ、以下2 点を当社団の公式見解と致したく存じます。
(1) 該当記事の表現は、過激かつ扇情的であり、多くの方々に不快な思いや誤解を招く表現であったことを認め、当社団理事一同、深くお詫び申し上げます。
(2) 人工透析のみならず、現代の日本では個々の患者-医師関係から成り立つミクロな医療経済の積み重ねが、日本全体でのマクロな医療経済の圧迫につながっている現状があることは、事実です。

 

当社団では現代の日本で実際に行われている医療行為・医療政策・医療システムなどに関して、医学的見地から精査を行った上での情報発信を続けていく所存です。その発信を基にして、今後の日本経済や医療のために論理的かつ実践的な議論の場が構築されることを社団理事一同、願っております。 

 

今後とも、変わらぬご支援・ご声援の程、何卒よろしく御願いいたします。